【WordPress】アップデート後の使いにくいエディタを元に戻す方法

「ワードプレスのアップデートをしてみたけど、エディターが使いにくくなってしまった。元のエディタに戻す方法を知りたい。」

こういった疑問を解決します。

結論ですが、この問題は「Classic Editor」というプラグインを使えば一発で解決です。

というわけで今回は、このプラグインを使用した、旧エディタへの戻し方についてお伝えしていきます。



WordPress 5.0のアップデート後のエディタは使いにくい

ワードプレスで5.0のアップデート後、投稿画面を開くとエディタが大きく変わっていました。

新エディタ「Gutenberg」というものです。

これはブロック形式で記事を作成するものらしいですが、正直必要性があまり分からず、僕の場合は効率を落とすだけとなってしまいました。

そこで少し調べてみたところ、「Classic Editor」というプラグインを導入することで、元のエディタに戻せるということが分かったので、これについて共有していきます。

Classic Editorのインストール

まずはプラグインのインストールから行なっていきます。
他のプラグインのインストールと差はないので、分かる方は飛ばして下さい。

手順は以下の「2STEP」です。

  • STEP.1
    Classic Editorを検索

    ワードプレスの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、「Classic Editor」を検索します。

  • STEP.2
    インストールして有効化

    Classic Editorをインストールし有効化しておきましょう。

これでClassic Editorのインストールは完了です。

Classic Editorは有効化するだけでOKです

設定が必要なプラグインと違い、Classic Editorは有効化するだけでOKです。
難しい部分が全くないので、初心者でも安心して導入できるかと思います。

実際にインストールした後は、投稿画面を開くと以下のように変わっています。

これで元のエディタで執筆をすることが可能となりました。

新エディタに戻したい場合は

旧バージョンに戻ったエディタを、新バージョンに再び戻したい場合はプラグインを停止すればOKです。
こちらに関しても、めちゃくちゃ簡単なので助かりますね。

Classic Editorは投稿画面のエディタを「新 ↔︎ 旧」のスイッチが簡単にできる優れものなので、エディタが使いづらいという方はぜひ試してみてください。

というわけで今回の内容は以上です。

オススメ【初心者向け】ゲームブログを収益化する方法+運営のコツを解説

オススメ【超初心者向け】ワードプレスでのブログの書き方、公開までの流れを解説する



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA