【WordPress】簡単にお問い合わせフォームを設置できるプラグイン「Contact Form 7」

サイトを運営している人

「WordPressでサイトを運営していて、問い合わせフォームを作りたい。プラグインだと簡単にできるみたいだから、おすすめを教えて欲しいです。」

こういった疑問を解決します。

この記事の主な流れ

  • お問い合わせフォームのおすすめプラグインは「Contact Form 7」です
  • Contact Form 7をインストールする方法
  • Contact Form 7の設定方法
  • お問い合わせフォームをサイトに設置する方法

この記事では、お問い合わせフォームを作る上でおすすめなプラグイン「Contact Form 7」について紹介していきます。

実際にお問い合わせフォームを完成させるところまで解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。



お問い合わせフォームのおすすめプラグインは「Contact Form 7」です

お問い合わせフォームのプラグインはいくつかありますが、「Contact Form 7」が最もオススメです。

この理由が以下の感じですね。

  • 利用者が多い
  • カスタマイズ性が高い

WordPressのプラグインにおいて利用者が多いのはかなり安心できます。

利用者が少ないとつまづいた時に調べても情報が少なかったり、プラグイン自体の更新がされなくなったりする可能性がありますので。

利用者数もさることながら、カスタマイズ性が高いというのも「Contact Form 7」の魅力となっています。

というわけで、ここからは実際にContact Form 7をインストールして使っていきましょう。

プラグインのインストール方法

Contact Form 7のインストールは、WordPressの管理画面からできるので超簡単です。なのでサクッと進めていきましょう。

  • STEP.1
    プラグイン追加画面へ

    ワードプレスの管理画面から[プラグイン][新規追加]をクリックします。

  • STEP.2
    Contact Form 7を検索

    キーワードの部分に「Contact Form 7」と入力してプラグインを検索します。

  • STEP.3
    インストール

    [今すぐインストール]をクリックします。

これだけでContact Form 7のインストールが開始されます。

インストールが完了したら有効化しておきましょう。

お問い合わせフォームの設定をする:Contactform7の編集方法

プラグインをインストールしたら、続いてお問い合わせフォームの内容を設定していきます。

Contact Form 7では大きく4つの設定項目があり、内容までざっくりお伝えすると以下のとおりです。

  • フォーム:入力項目の追加・削除ができる
  • メールの設定:問い合わせがあった時のメールの受信設定ができる
  • メッセージの設定:問い合わせをする方向けのメッセージの設定ができる
  • その他の設定:会員制にするなどの機能を追加できる

というわけで、上記についてそれぞれ解説していきます。気になる項目があれば設定の編集を一緒に行っていきましょう。

編集方法は、ワードプレスの管理画面から[お問い合わせ][コンタクトフォーム]をクリックして「コンタクトフォーム1」という表示をクリックすることで編集画面に移行できます。

※このプラグインはデフォルトでも十分機能するので、特にこだわりがないならこの章は流し読みでOKです。

設定①:フォームの設定

ここは問い合わせをしたいお客様が入力する項目を設定する部分です。

デフォルトでは以下のような項目となっています。

  • お名前(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • 題名
  • メッセージ本文

概ねこれでOKです。

入力項目が変に多すぎると、面倒になって問い合わせしてもらえる可能性が下がってしまいますからね。

とはいえ、少し変更したい方もいると思うので「追加と削除」の方法についてお伝えしておきます。

フォームの項目を追加する方法

フォームの追加は上記の画像のように<label></label>の間に「タイトル名」を入力し上のボタンでコードを挿入するだけでOK。

他の項目をコピペして、タイトルとコードを変更すると簡単です。

フォームの項目を削除する方法

フォームの項目を削除する場合は、不要な項目の<label>〜〜</label>の部分を全て削除するだけ。

これで入力フォームから削除した項目がなくなります。

設定②:メールの設定

ここは問い合わせがあった場合に受信するメールの内容を設定する部分です。

各項目の設定内容は以下のとおり。

  • 送信先:問い合わせがあった場合メールを受け取るアドレス
  • 送信元:問い合わせ者の名前
  • 題名:受け取るメールの件名
  • 追加ヘッダー:メールアドレスの追加ができる
  • メッセージ本文:受け取るメール本文の内容

デフォルトではワードプレスに設定したアドレスが反映されているため、特にいじる必要なしです。

他のメールアドレスにも送信したい場合は、「追加ヘッダー」の部分でCc:やBcc:の設定を行なっておきましょう。

設定③:メッセージの設定方法

問い合わせ完了時のお礼文や、エラー時の注意文を変更できる項目です。

気になるところがあれば内容を打ち変えれば変更できますが、基本はそのままで問題ないです。

設定④:その他の設定

ここではコードを入力することで、お問い合わせフォームに機能を付けることができるという部分です。

例えばですが、会員制のサイトでログインユーザーのみが問い合わせできるとか。

こういった機能はほぼ使わないと思うので、ここは飛ばしてOKですが、どうしても追加したい場合は「その他の機能」で確認してみてください。

»参考:ContactForm7「その他の機能」

ここまでできたら[保存]をクリックして設定を完了しておきましょう。

この時表示されているショートコードは、問い合わせページの作成に使うので、コピーを取っておいてください。

あとはサクッとお問い合わせフォームを作っていきましょう。

お問い合わせフォームをWordPressサイトに設置しよう

最後にWordPressのサイトに実際にお問い合わせフォームを作成していきます。

やり方は固定ページを作成して、本文に先ほど作ったショートコードを貼り付けるだけ。

詳しい手順が以下となっています。

  • STEP.1
    固定ページを作成

    ワードプレスの管理画面から[固定ページ][新規追加]をクリックします。

  • STEP.2
    タイトルとパーマリンクの入力

    お問い合わせフォームのページのタイトルとパーマリンクを設定します。

    入力する文字は自由ではありますが、お問い合わせフォームと分かるように以下のような内容にしておきましょう。

    • タイトル:お問い合わせ
    • パーマリンク:contact
  • STEP.3
    本文を作成

     

    本文の部分がお問い合わせフォームとなるように、先ほどコピーしたショートコードを入力します。

これで完了。

内容に間違いがないか確認して、[公開]をクリックすることでお問い合わせフォームは完成します。

これでお問い合わせフォームの作成に関する内容は以上となります。

オススメ【収益化】おすすめのアフィリエイトASP5選【すべて登録でOK】

オススメ【初心者向け】WordPress学習におすすめしたい3冊の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA