画像を圧縮してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方

「ワードプレスでサイト運営してるけど、画像の容量が気になる。何か便利なプラグインはないのかな?」

こういった方向けの内容です。

結論としては、「EWWW Image Optimizer」をおすすめします。

これはワードプレスのプラグインで、設定も難しくなく簡単に画像を圧縮することができる優れものです。

そこで、この記事では「EWWW Image Optimizer」の設定方法や使い方に関してお伝えしていきます。

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerのできること

EWWW Image Optimizerは画像を劣化させることなく圧縮できるという特徴をもった、優れたプラグインです。
このプラグインを入れることで、できる内容は下記の2つです。

  • アップロードする画像の圧縮
  • アップロード済みの画像を一括圧縮

これからアップロードする画像だけでなく、すでにアップロードしている画像まで圧縮してくれるのは、かなり助かります。

画像は、サイト運営において容量が大きいモノの1つです。

これによって表示速度が低下することもあり、ユーザーの満足度を下げてしまうことにもなります。

なので、既存の画像まで圧縮できるこのプラグインは、今からでも入れておくことをオススメします。

EWWW Image Optimizerのインストール

インストール方法について解説をしておきます。

  • STEP.1
    プラグインを検索

    ワードプレスの管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」を選択し、「EWWW Image Optimizer」を検索します。

  • STEP.2
    インストール

    検索した「EWWW Image Optimizer」をインストールします。
    EWWW Image Optimizer Cloudと間違えないように注意してください。

  • STEP.3
    有効化する

    インストールしたEWWW Image Optimizerを有効化しておきましょう。

これで使用できる状態になりました。あとは軽く設定を確認すれば完了です。

EWWW Image Optimizerの設定方法

設定に関しては下記の2項目を確認するだけでOKです。

  • Remove Metadata
  • コンバージョンリンクを非表示

1つずつ解説していきます。

Remove Metadata

設定→EWWW Image Optimizerの中の「Basic」をクリックします。

ここの「Remove Metadata」にチェックが入っていればOKです。
入っていない場合はチェックを入れておきましょう。

コンバージョンリンクを非表示

設定→EWWW Image Optimizerの中の「Convert」をクリックします。

ここの「コンバージョンリンクを非表示」にチェックが入っていればOKです。
入っていない場合はチェックを入れておきましょう。

これでEWWW Image Optimizerの設定は以上になります。

それでは実際に使い方を見ていきましょう。

EWWW Image Optimizerの使い方

繰り返しにはなりますが、このプラグインのできることは下記の2点です。

  • アップロードする画像の圧縮
  • アップロード済みの画像を一括圧縮

使い方もこの2点についてとなるので、1つずつ解説していきます。

アップロードする(新規)画像の圧縮

ここに関しては、メディアに画像をアップロードするだけです。

このアップロード画像は1.023KBとなっています。
元データは1.1MBだったので、若干軽くなっていますね。

そこまで大きな変化ではないですが、画像は結構な数を使用するので、塵も積もれば…です。

アップロード済み(既存)の画像を一括圧縮

アップロード済みの画像を一括で圧縮する方法です。

ワードプレスの管理画面から「メディア」→「一括最適化」を選択し、「最適化されていない画像をスキャンする」というボタンをクリックします。

そうすると画面が切り替わって「最適化を開始」というボタンが出てくるので、これをクリックします。
これだけで一括最適化は完了です。

今回の内容は以上となります。
「EWWW Image Optimizer」は非常に便利なプラグインなので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA