Googleでペナルティを受けないために気をつけるべき7つのこと【SEO】

検索順位が急激に下がってしまう場合、検索エンジンによるペナルティが原因であることが多いです。
こういったことにならないためにも、前もって気をつけておきたいものです。

そこで本記事では気をつけるべき7つのことについて解説していきます。



ペナルティを受けないために気をつけるべき7つのこと

ペナルティを受けないように気をつけた方がいいことは下記の7点です。

  • 質の低いコンテンツの量産する
  • 重複コンテンツの量産する
  • タイトルの前方に同じワードを詰め込む
  • オリジナルコンテンツがない
  • 特定キーワードの多用する
  • アダルト系のキーワードの多用する
  • スパムリンク

上記内容について詳しくみていきましょう。

質の低いコンテンツの量産

文章量が少なすぎるコンテンツを量産することで、ペナルティを受ける可能性があります。

書くことないし、、、と適当なコンテンツをあげていては
急激にドメインの評価を落としてしまうことになります。

目安としては「最低200文字」。

これでも正直少なくはあるので、1000文字くらいは文章量を確保しておいた方が安全ですね。

とはいえ、文章量のないページを全くあげてはいけないわけではありません。
ですが全体の比率を考えて、ごく少量にとどめておくようにすべきですね。

重複コンテンツの量産

ほとんど同じ内容の記事を作成することでも、ペナルティを受ける可能性はあります。

「タイトル、メタディスクリプション、本文」の内容には注意です。

こういった重複コンテンツがあると、ドメインの評価を下げてしまう場合もあります。
内容の近いコンテンツを作成する時は、十分注意しておいた方がいいですね。

ちなみにURLの「www」のあるなしでも、複数コンテンツとなる場合があるので、こういったページが存在する場合は「301リダイレクト」などを使って解消しましょう。

タイトルの前方に同じワードを詰め込む

これに関しては一応注意といったところです。

例をあげるのであれば、、、

【英語学習】〇〇〇〇
【英語学習】△△△△
【英語学習】◇◇◇◇

といった感じです。

実際こういった手法は「攻略サイト」などではよく見受けられますし、そこまで大きな問題ではないかもしれません。

しかし「やりすぎ注意」といった意味合いで注意すべきところではあります。
場合によっては特定ワードによるペナルティを受ける場合もありますので。。。

ちなみに「前方に同じワードを詰め込む」ことが問題なので、最後尾につけるのはどれだけでもOKです。

オリジナルコンテンツがない

外部サイトから集めた情報だらけのコンテンツを作った場合にも、ペナルティを受けることがあります。

要するに、「パクり。ダメ絶対。」ということです。

これは注意を促すまでもなく誰もが分かることですが、ネタがないとついやってしまうこともあるかもしれないので注意しておきましょう。

特定キーワードの多用

本文の文章の中に、特定キーワードを盛り込みすぎるのも注意が必要です。
過剰にやりすぎるとこれもペナルティの対象となってしまいます。

下記の部分をやってしまうとけっこう危険度が上がるので注意してください。

  • 特定キーワードが全体の5%超えている
  • 特定の箇所にキーワードが集中している

とはいえ割合なんて感覚では分かりにくいのも事実です。
こういった時は「キーワード出現頻度解析ツール」なんてものもあるので、ツールを利用して算出してみてもいいかもしれませんね。

※ツールはURLを入力するものなので、1度コンテンツをアップしてからでないと算出できません。

アダルト系のキーワードの多用

これは言わずと知れた注意点です。

他と違う部分をあげるとすれば「アドセンス」もヤバイです。

アダルト認定されたサイトには、ここを避けたい企業の広告が一切表示されなくなります。

サイトやブログの多くはマネタイズとしてアドセンスを利用していることが多いので、ペナルティに加えて広告非表示はダメージ大ですね。

わかってる方が多いですが、こういった点からも最も気をつけるべきところです。

スパムリンク

過剰・不自然な被リンクもペナルティの代表格ですね。

被リンクは確かにSEO的に有効で売買している業者もありますが、こういった不自然なリンクだとGoogleに検出されてとばされます。

というわけで、買うことはオススメしません。

適度な相互リンク程度なら問題はないでしょうけど、変な方向にお金で解決しようとすれば逆に損をすることになります。

あくまでも「誠実に」です。

純粋に被リンクを増やすためのポイントについては、別の記事でも解説していますので参考にしてみて下さい。

»参考:【SEO】ブログで被リンクを増やすための2つのポイント

要するにやりすぎ注意です

ここまで最低限気をつけておきたいことを7つ紹介してきたわけですが、基本的に共通しているポイントは「量」です。

コンテンツ・ワード・リンク全てにおいて、やりすぎるといい結果を生みません。
どころか最悪の結果を生みます。

時には

「こういう裏技手法で上位を獲得できる」

というものを目にすることもあるかもです。
ですが、これに飛びついても効果は一時的で、最終的に淘汰されてしまいます。

Googleはズルを許しません。
けれど誠実性の高いものは適切に評価してくれます。

長期的に上位を獲得していくためには、常にまっすぐによりよいコンテンツを作成するようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA