【iPhone】Safariの閲覧履歴の表示と削除方法

Webの閲覧履歴は便利な機能ですが、これによるデータの蓄積で場合によっては重たくなってしまうこともあります。
その解消方法としてあげられているのが「履歴の削除」です。

そこでこの記事ではiPhoneの「Safari」における、閲覧履歴の確認方法から削除方法までお伝えしていきます。




閲覧履歴を表示する方法

履歴を表示する方法は主に2つあります。
ここではこの2種類の履歴の確認方法についてお伝えしていきます。

ブックマークアイコンからの履歴の表示方法

まずは一般的なブックマークアイコンからの履歴の表示方法です。

①ブックマークアイコンをタップ
②履歴をタップ

これで閲覧履歴が表示されます。

前後に見たサイトの表示方法

サイトを閲覧中に少し前のサイトの履歴を表示させる方法です。

①下にスクロールしてバーを表示
②「<」のアイコンを長押しタップ

これで閲覧中でも少し前に見たサイトを素早く表示することができます。

履歴を削除する方法

履歴を削除する方法も主に2つあります。
ここではこの2種類の方法について解説していきます。

Safari内で履歴を削除する方法

まずはSafariを起動中に履歴を削除する方法です。

①ブックマークアイコンをタップ
②「履歴」をタップ
③「消去」をタップ

「消去」をタップすると〈直近1時間・今日・今日と昨日・すべて〉の4項目が表示されるので、消去したい期間を選んでタップすることで対象の期間の履歴を削除することができます。

設定から履歴を削除する方法

次にiPhoneの設定から履歴を削除する方法をお伝えしていきます。

①iPhoneの設定を開き「Safari」をタップ。
②「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ。
③「履歴とデータを消去」をタップ。

これで閲覧履歴を削除することができます。

今回は履歴の表示・削除共に2通りの方法を解説しました。
どちらがやりやすいかは人によりますし、操作状況によっても違ってくるかと思います。
ご自身に合った表示・削除方法を試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA