キーワードプランナーの使い方 + 1分でできる登録方法も解説

キーワードプランナーを使いたい人

「Googleのキーワードプランナーを使って、検索ボリュームとかを知りたい。初心者だから登録方法から使い方まで教えてくれると助かります。」

こういった方に向けた内容です。

キーワードプランナーは検索ワードに対して、以下のようなことを知るためのツールです。

  • 月間の検索ボリューム
  • 競合性
  • 広告単価

こういったことを知れることでキーワード選定にもかなり便利。

この記事ではキーワードプランナーの登録方法から使い方まで、初心者でも分かるように解説していきます。

スポンサーリンク

キーワードプランナーの登録方法:簡単1分

キーワードプランナーは、「Google広告」に登録することで使用できるようになります。

以前はもっとややこしかったのですが、今はかなり簡単になっています。Googleさん、ありがとう。

1分くらいでできる内容なので、サクッとやっていきましょう。

  • STEP.1
    グーグル広告にログイン

    Google広告にアクセスし[キーワードプランナーに移動]をクリックすると、ログインが求められます。なので、ここで使用するGoogleアカウントでログインをしておきましょう。

  • STEP.2
    新しいGoogle広告アカウントを作成

    広告アカウントの作成を求められるので、[+新しいGOOGLE広告アカウント]というボタンをクリックしましょう。

  • STEP.3
    ビジネス情報の確認

    ビジネス情報の確認ですが、日本にいる方は以下の感じになっていると思います。

    • 請求先住所の国:日本
    • タイムゾーン:(GMT+09:00)日本時間
    • 通貨:日本円(JPY ¥)

    このまま[送信]をクリックすればOK。

たったこれだけで完了です。キーワードプランナーが使えるようになりました。

登録後、キーワードプランナーに移動するには

キーワードプランナーを利用するにはホーム画面の「ツールと設定」という項目から移動します。

上記画像のように、[ツールと設定][プランニング][キーワードプランナー]を選択すればOK。

これでキーワードプランナーを使う準備ができたと思うので、ここから使い方について解説していきます。

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーにアクセスすると、上記のような表示がされています。

  • 新しいキーワードを見つける
  • 検索のボリュームと予測のデータを確認する

主に使うのがこの2点なので、ここについて掘り下げて解説していきます。

新しいキーワードを見つける

自分が狙っているキーワードや、それに関連するキーワードのボリュームを表示してくれる機能です。

使い方は検索ワードを打ち込んで[結果を表示]をクリックするだけ。

今回は[ブログ 作り方]と入力しましたが、結果は以下の感じです。

ここで見ておくべきポイントが以下の4点となっています。

  • 【キーワード】:データの対象となる検索ワード。
  • 【月間平均検索ボリューム】:月あたりでどれくらい検索されているか。多いほど魅力的なキーワードです。
  • 【競合性】:広告出稿においてのライバルの多さ。高いほどキーワードの価値も高いです。
  • 【ページ上部に掲載された広告の入札単価】:入札単価の目安。金額が高いほどキーワードの価値も高いです。

ちなみに検索ボリュームの指標ですが、、、

  • 100〜1000 → スモールキーワード
  • 1000〜1万 → ミドルキーワード
  • 1万〜10万 → ビッグキーワード

と区分されていて、多くなればなるほどライバルが強くて価値も高いことが多いです。

初心者の場合、ビッグキーワードを狙うのはわりと厳しいと思います。なので初めは、スモールキーワードから攻略してみるのもありですね。

ともあれ、こんな感じでデータを確認しつつ、キーワード価値を確認していくというのが基本的な使い方となっています。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

こちらは予算とかを決めるための「予測データ」の確認ができます。一気に調べることもできるため、大量のキーワードについて調べたいって時に使うのも便利ですね。

使い方ですが、こちらも先ほどと同様、入力したら[開始する]をクリックするだけでOK。

クリック数や表示回数、費用やクリック率など詳しく表示されています。

この辺からキーワードの価値を知るのもいいですし、実際に広告を出す場合の予算組みには超便利ですね。

というわけで以上がキーワードプランナーの使い方ですが、自分でキーワードを決めて調べるのってかなり時間がかかったりします。

なので最後に、効率的に使うための方法も解説しておきますね。

キーワードプランナーをもっと効率的に使うために

キーワードプランナーを効率的に使うには、そもそも調べるべきキーワードをある程度絞り込んでおくのが1番です。

そこで役に立つのが「ラッコキーワード」というサービス。

ラッコキーワードは、あるキーワードに対するサジェスト(よく検索されている)キーワードを出力してくれるというサービスです。

使い方はラッコキーワードにアクセスして、調べたいキーワードを入力するだけ。

上記は[ブログ]というキーワードのサジェストを見たわけですが、これが一瞬で確認できるのは超便利です。

こんな感じで、よく検索されているモノの中からキーワードプランナーで調べることで効率は格段にアップします。

キーワード選定はわりと時間がかかるものだったりするので、ぜひ参考にしてみてください。

というわけで、今回の内容は以上です。

オススメ【収益化】おすすめのアフィリエイトASP5選【すべて登録でOK】

オススメ【初心者向け】WordPress学習におすすめしたい3冊の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA