リンク切れが起こる2つの原因と対処方法【チェックツールも紹介します】

リンク切れとはページ内に設置しているリンクが途切れてしまっている状態をいいます。

リンクをクリックした時に稀にでる「404 Not Found」という現象もここが原因なんです。
こうなるとユーザーとしては行きたいページに行くことができず、サイトの評価的にあまりよくありませんよね。

そこで今回はリンク切れの「原因と影響」を解説した上で、これをチェックするツールも紹介していきます。
ぜひ参考に自身のサイトは大丈夫なのかを確認してみて下さい。



リンク切れの原因

リンク切れが起こる要因は主に下記の2点です。

  • リンクの貼り間違い
  • リンク先のページの削除

まずはこの2点について解説していきます。

リンクの貼り間違い

URLは文字が足りない、「/」が抜けているなど1文字でも違えば別のURLと認識されてしまいます。

コピーすればほぼ間違いはありませんが、それでもリンクを貼り付ける場合はURLのチェックを行っておいた方が安全です。

リンク先のページの削除

リンク先のページが削除されている場合にも、リンク切れというものは起こってしまいます。

内部リンクであれば、自身のサイトなので自分で削除したり編集しない限りほぼ起こることはありませんが、、、
注意すべきは外部リンクの部分ですね。

知らない間にURLが変わっていたり、ページが削除されていることもあります。

これは自分ではさすがに管理できない部分なので、定期的にチェックを入れるといいかもしれません。

リンク切れの影響

リンク切れの影響ですが、主に下記の2点が問題となります。

  • 訪問者が使いにくい
  • クローラーが徘徊できない

訪問者が使いにくい

リンクが切れているサイトって、見たいページが見れないわけですから使いにくいのは言うまでもありません。

ましてやWEBの知識があまりない方になると、いきない「404 Not Found」なんて表示されると「このサイト大丈夫?」という不安を与えかねません。

訪問してくれるユーザーの方のためにも、見せたい場所をしっかりみれるように配慮した親切なページを心がけることが大事ですね。

クローラーが徘徊できない

クローラーはご存知のとおり、サイトを巡回して情報を収集してくれるためのロボットです。

そしてクローラーの徘徊を止めてしまう(行き止まりを作ってしまう)大きな原因が「内部リンクのリンク切れ」です。

こうなるとクローラーの徘徊回数の影響が出て、ページ評価が下がってしまうという事態が起こります。

内部リンクは自分で管理できる部分なので、しっかりとリンクまで管理しておくことが大事ですね。

リンク切れをチェックしてくれるツール

ここまででリンク切れの原因と影響についてお伝えしてきました。
とはいえ、さすがに自分で全てのページを定期的にチェックするわけにもいきませんよね。

そういった場合は、ツールを使用することで一発で視覚化できるのでオススメです。
有名どころは2つあります。

この2つのツールの特徴を少し解説しておきます。

リンクチェッカー

内部リンクをたどって「サイト全体」をチェックしてくれるツールです。

ただしボリュームの多いサイトになると時間がかかることもあるので、その場合は別のツールを代用した方が効率がいいかもしれません。

リンク切れチェックツール

取り急ぎ「1ページ単位」のリンク切れをチェックしたい場合にオススメのツールです。

1ページ単位でチェックできることにより、当然ではありますがチェックにかかる時間は短いので、スポット的に探す場合には効果的ですね。

Google Search Consoleもオススメです

上記2つのツールは基本的に登録いらずで使用できるため紹介しましたが、サーチコンソールもオススメです。

これに関しては登録と設定こそ要りますが、エラーを見ることで確認できたりするのでぜひ試してみてください。

リンク切れが見つかったら直しておきましょう

リンク切れを見つけたら、単純ですが手作業でリンクを修正しておきましょう。

場合によってはリンク切れの影響でページ内の構成を修正することになるかもですが、これも訪問してくれる方のためにはやっておくべきことです。

リンク切れを放置しておくと結果として評価が下がってしまうこともあるので、ここは「意識高め」でしっかりしたサイトを作り込むことをオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA