【活用術】アウトプットの知っておきたい3つの効果

断言してもいいほどですが、できる人は決まってインプットより「アウトプット」に比重を置いて行動し続けています。

ここでいうアウトプットとは、具体的には「伝える・作る」みたいなことです。
要するに頭の中にあるものを外に出して、評価される側に立つところまで持っていく感覚ですね。

しかし漠然と行なっても効果が出にくいのも事実です。

そこでこの記事では、アウトプットを活用するために知っておきたい3つの効果について、意識すべきポイントなども交えながら解説していきます。

スポンサーリンク

アウトプットの3つの効果

いきなり結論ですが、アウトプットの効果は主に下記の3点です。

  • 記憶の定着
  • 伝える力の向上
  • 成果

この3点について掘り下げていきます。

①記憶の定着

アウトプットをすることでもっとも確実性の高いメリットが「記憶の定着」です。

伝えるということは復習しているのと同じ

人間は伝えることで、よりその記憶を定着させることができます。
これは脳科学の世界でも言われてることなので、ほぼ間違いないです。

インプットする時にアウトプットを仮定して行う

記憶をさらにたかめるコツとしては、「この情報をあの人に伝えよう」といった形で仮定してインプットを行うことです。

これを具体的に想定すればするほど、アウトプットに向けた効率的なインプットができて、さらには記憶が高まります。
そしてリアルにアウトプットすることで効果大です。

まずは友人に伝えてみよう

下記が僕の実際に行なっている流れの一例です。

  • 情報を見る
  • 興味がありそうな友人を選定
  • その友人に伝える前提でインプット
  • インプットが終わったら情報整理
  • 実際に伝える

実際これだけでも、情報に関する記憶はかなり定着します。
そのため僕はこの形で身近な友人に、得た知識はすぐに伝えるようにしています。

「でもそれに時間を取られる友人は大変ではないのか?」

という意見もあるでしょうが、その人が興味がありそうな有益な情報を、短時間にまとめて伝えることができれば問題なしです。
この場合はお互いにとっていい時間となります。

友人となかなか時間が取れないという場合は、家族に伝えるのも1つの手です。
もしくはブログ・SNSなどでも、対象を想定すれば割とOKです。

②伝える力の向上

アウトプットをし続けるということは「反復練習」をしているのと同じです。
伝え続ければ続けるほど、その能力は向上していきます。

ブログを書いたり、SNSで発信し続けることもこれと同じですよね。
「始めたての頃よりも文章や内容選択が圧倒的に上達している」というのも、ほとんどの人に起こることです。

最速の成長は「考えながらアウトプットする」こと

少し厳し目に言いますが、「漠然とアウトプットを続けてもあまり成長がない」です。

どころか「周囲の反応がイマイチ」みたいなことがエンドレスに起こります。
これは情報を発信する方向と伝え方が、相手にマッチしていないからです。

「誰に向けて伝えるのか?」
「どうすればもっと分かりやすく伝わるのか?」

を常に意識することで、アウトプットスキルの向上速度が爆発的に上昇します。

要するに改善しながらのアウトプットです。
これをやるだけで伝える力を最速で成長させることができます。

③反応(成果)

アウトプットをすることで、それが人に伝わって反応が返ってくる現象が起こるようになります。

  • 対人→必要とされる
  • ブログ→集客につながる
  • SNS→フォロワーが増える

こういった現象から、人脈ができたりマネタイズ(収益化)ができたりと成果を出すことができます。

上記に関しては賛否両論かもしれませんが、アウトプットなしではこんなことが起こらないのは事実です。

とはいえ、常にこういった成果を意識する必要はないので、頭に入れておくくらいでOKです。
最初からそんなことを考えすぎても、変な感じになってしまいますからね。

最終的な成果を得る力をつけるためにも、情報を聞いてくれたり見てくれたりする人のことを、とにかく考えておくことが大事です。

アウトプットなしでは成功しない

ここまでアウトプットの3つの効果についてお伝えしてきました。

最後にもう1度断言します。

「アウトプットなしでは成功はありません。」

多くの人が何かをやってみようと思った時、「まず勉強を」と大量に知識をつめ込むことだけをやっちゃうことが多いです。

けど実際はその内容をアウトプットしながら勉強することが効果的ですし、そうすることで自分の能力も上がっていきます。

意外とやっていない人が多いのは事実

これって分かっていても意外とできていない(継続できない)人が多いのは事実です。

できていない人が多いからこそ、やり続けることで周りより1つ抜き出た存在になれる。

こういった意味では「チャンスでしかない」です。
自分がやればやるほど周りよりも成長するわけですからね。

なので繰り返しにはなりますが…
「記憶・伝える技術・成果」を常に頭に起き、改善を繰り返しながらアウトプットを継続していきましょう。

アウトプットに関するオススメ本

ここまでアウトプットの効果と、継続して行うべきだという内容でお伝えしてきました。

とはいえ、「アウトプットに関する詳しいことが分からない」という方もいらっしゃるかと思います。
そこで最後にアウトプットに関するオススメ本を紹介しておきます。

これを読むことで、アウトプットの考え方や種類がなんとなく想像できるかと思います。
一度手に取って、勉強しながら伝える技術を学んでみてもいいかもしれませんね。

オススメ【初心者向け】WordPress学習におすすめしたい3冊の本

オススメ【収益化】おすすめのアフィリエイトASP5選【すべて登録でOK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA