【Rinker】リクエスト回数が多すぎます。エラーの原因と対策【設定すべきところは3つです】

「Rinkerを使っていたけど、急にAmazonでの検索ができなくなった。
何か対策する方法はないの?」

こういった疑問にお答えする内容です。

商品紹介において「Rinker」は、かなり便利なプラグインです。
僕も愛用していますが、ある日突然Amazonで何度検索してもエラーが出るように…

でもこれってRinkerに問題があるわけではなくて、Amazonに変更が入ったことが原因なんですね。
この部分について解説しつつ、対策についてもお伝えしていきます。



Rinkerのエラーの原因

冒頭でもお伝えしましたが、エラーの原因はAmazonの規約・仕様の変更によるものです。
2019年1月23日以降に変更された条件は下記の内容でした。

Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。
(中略)

売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。
また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。

なお 、Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用についても、先に挙げた条件が適用となり、売上実績が必要となります。

アソシエイト・セントラル – ヘルプ

ざっくり言えば「売上のない方は商品情報を取得できません」ってことです。

ならば情報を取得するために売上を作らなければいけない、、、
けど情報が取得できない、、、

こういった問題を解決するために、設定などをしっかり行なっていきましょう。

エラーの対策をするための設定

Amazonの仕様変更のため起こったエラーはしかたないので、Rinkerの設定を行うことで今後の売上対策をしていきます。
確認すべき設定は下記の3点です。

・基本設定:商品情報の取得
・Amazon:リンク先
・もしもアフィリエイト設定:もしもリンク優先ショップ

ここさえしっかり設定しておけば、Amazonでの売上としてカウントされるようになるようですね。
設定内容を詳しく解説していきますね。

基本設定:商品情報の取得

基本設定に「商品情報の再取得」という項目があります。

この部分を「再取得しない」に変更しておきましょう。

価格が非表示になったり、リンク切れのチェックが無くなったりもしますが、ここは復活するまで耐えるしかないです。

Amazon:リンク先

次はリンク先の中にある「Amazonボタン」の項目です。

ここを「リンク先を商品の詳細画面にする」に変更しておきましょう。

こうすることでリンクからAmazonで購入してくれた方の売上が、しっかり反映されるようになるようです。

逆に「リンク先を検索画面にする」を選択していると、PA-API経由の売上ではなくなるようなので注意ですね。

もしもアフィリエイト設定:もしもリンク優先ショップ

もしもリンク優先ショップで「Amazon」「Kindle」を外します。

これにチェックを入れておくと、もしも経由の売上となってしまうので注意です。

以上3点の変更と確認が完了したら「変更を保存」をクリックして、設定を保存しておきます。

リンクは楽天で作って、売上を待つ

これでエラーの原因と対策に関しては、一通り理解してもらえたかと思います。

「いやいや、設定はできたけど、結果Amazonでの検索がエラーのままじゃん。。。」

と思った方、すいません。これが現実です。
ここに関してはAmazonで売上が上がらないと、根本的に解決ができないので売上が上がるのを待ちましょう。

ひとまずここの対策としては「楽天」でリンクを生成するのみです。
これを行うことで同時にAmazonのリンクも生成されます。

このリンクから売上が上がることで、再びRinkerでのAmazonの検索は可能となります。
道のりは長いですが、まずは良質な記事を作りつつ、気長に売上が上がるのを待ってみて下さい。

というわけで以上です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA