alt属性はSEOに効果あり?記述方法と注意点まで解説します 【具体例あり】

「alt属性ってたまに聞くけど、つけた方がいいの?
SEO的に効果があるなら付けるけど…」

こういった方向けの内容です。

結論ですが、SEOの効果はあります。

とはいえ、直接的な効果はそこまで大きくないのも事実。

どちらかと言えば、画像検索する場合に使用されたりといった、間接的な要素が高いです。

しかし影響があるのであれば、しっかりと記述しておきたいところ。
そこでこの記事では、画像に付けておくべき「alt属性」の記述方法と注意点などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

alt属性の記述方法

alt属性は「代替テキスト」と言われるもので、画像が表示されない場合に代わりのテキストを表示してくれたりする効果があります。

これによってユーザーが、どんな画像が表示されていたのかも分かるようになるのでかなり親切です。

そんなalt属性の記述方法ですが、基本は下記の通りとなっています。

<img src=“画像のURL” alt=“画像の説明文”>

「画像のURL」のところに使用したい画像のURL、「画像の説明文」のところには、その画像の適切な説明を記述しておきましょう。

これは検索エンジンに何の画像かを伝える効果もあり、これによって画像検索にもヒットする形となります。

ワードプレスだと簡単

基本的な記述方法は覚えておいて損はないですが、ワードプレスだとコードで記述する必要なしです。

ワードプレスは画像や動画を管理する「メディア」に代替テキストの項目が用意されています。

上の図の「代替テキスト」というところに画像の名称を記入するだけでOK。
これが画像を貼り付けた場合に、alt属性として使用されることとなります。

簡単すぎるので、ワードプレスは本当にオススメですね。

alt属性を記述する時に考えるべきこと

alt属性を記述する時に、いくつか頭に入れておいた方がいいことがあります。
ざっくり下記の内容です。

  • 全ての画像に入れる必要はない
  • 無関係なキーワードはNG
  • 簡潔に記述する

上記内容について詳しく解説していきます。

全ての画像に含める必要はないです

alt属性は入れておいた方がいいものではありますが、何も全ての画像に無理やりつける必要はないです。

具体的に必要がない画像の例としては

デザイン上使用するイメージ画像

が挙げられます。

こういった画像はデザイン上使用しているだけで、実際は特に意味はないですからね。
ここに無理やり意味を付けようとすると、かえっておかしな感じになってしまいます。

あまり無理して入れすぎて、画像に関係ないと判定されるとよくないので、こういったものは外してOKでしょう。

無関係なキーワードはNG

先ほどと内容が少しカブりますが、画像の内容に無関係なキーワードを詰め込むのは「禁止」です。
これは僕の主張とかではなく、ガイドライン違反となります。

なので必ず、画像に沿ったテキストを入力するようにしておきましょう。

具体例をあげておきます。

食事する猫

例えば上記の画像ですが、これに関しては「食事する猫」と入力しています。

こんな感じで、コツとしては画像がなくても内容が分かるテキストを入力することです。
ただし、上記の画像に自分で勝手なイメージを組み込み、「猫の預かりサービス」的な入力の仕方はNGとなります。

あくまでもシンプルに画像の内容が伝わるように、客観的にテキストを選定しておきましょう。

無関係なキーワードを詰め込んで違反すると、ページやドメインの評価を下げることにもなります。
SEOの面も考えてalt属性を記述するのであれば、違反は本末転倒となるので注意しておきましょう。

簡潔に記述

先ほど「無関係なキーワードを使わない」と解説しましたが、いくら関係あっても長すぎる記述はNGです。

長い文章はスパムと見なされる可能性があるので、必ず簡潔に記述することを守ってください。

Googleでも適切な書き方について紹介されているものがあります。

  • 悪い例(代替テキストがない): <img src="puppy.jpg"/>
  • 悪い例(キーワードの乱用): <img src="puppy.jpg" alt="puppy dog baby dog pup pups puppies doggies pups litter puppies dog retriever  labrador wolfhound setter pointer puppy jack russell terrier puppies dog food cheap dogfood puppy food"/>
  • 良い例: <img src="puppy.jpg" alt="puppy"/>
  • 最も良い例: <img src="puppy.jpg" alt="Dalmatian puppy playing fetch"/>

※引用元:Search Console ヘルプ

「悪い例(キーワードの乱用)」に関しては、誰が見てもヤバイ感じが出てきますね。。。
逆に「最も良い例」はより具体的に子犬の種類や、何をしているかまで記述されています。

こうしてみると、「画像がなくてもテキストだけである程度の情報が得られる」という状態を作ることが、alt属性の本質と言えますね。

alt属性はSEOの施策の1つにすぎません

SEO対策に関してのalt属性は、施策の1つです。

少なからず影響はありますが、大きくはないのも事実。
なので、ここにだけ力を入れれば検索上位を獲得できるということはありません。

alt属性はあくまでも補助的な役割と理解しておきましょう。

検索上位への近道は、やはりコンテンツをしっかりと作り上げることです。

その上でalt属性を適切に設置することで、さらにユーザーに優しい質の高いサイトを作ることができます。
alt属性に頼りすぎることなく、しっかりコンテンツを作成していきましょう。

関連記事【SEO】記事のタイトルの付け方で意識するべき「2つのポイント」

関連記事【SEO】ブログで集客するために知っておきたい3つの基本パターン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA