【WordPress】目次から関連記事を除外する方法

目次を自動生成してくれる『Table of Contents Plus』ですが、関連記事を表示する『WordPress Related Posts』を同時に使用すると、おすすめの記事までが見出しとして認識されてしまいます。

そこでこの記事では目次に表示される「おすすめの記事」などの関連記事の除外方法についての解説していきます。




WordPress Related Postsの確認

まずはWordPress Related Postsの設定を確認します。

ワードプレスの管理画面から『設定』→『WordPress Related Posts』を選択し、WordPress Related Postsの管理画面へ移動します。

Related Post Titleを確認

Related Posts Titleに入力した文は、関連記事を表示する時に「見出し」として表示されます。
このためTable of Contents Plusの目次の中に関連記事が入ってしまうわけです。

これを除外するためにはTable of Contents Plus内の設定で、この見出しを除外する設定を行う必要があるため、Related Posts Titleに入力した文のコピーをとっておきます。

Table of Contents Plusの設定

次はTable of Contents Plusの設定です。

ワードプレスの管理画面から『設定』→『TOC+』を選択し、Table of Contents Plusの管理画面へ移動します。

上級者向けを設定

設定画面下部に『上級者向け』という項目がありますので、この横にある『表示』をクリックして上級者向けの設定を開きます。

この設定の中に『除外する見出し』という項目があるので、この中に先ほどコピーした見出しをペーストします。
入力した見出しの最初と最後を『*(アスタリスク)』で囲みます。

画像では「おすすめの記事」という見出しをペーストしたため、アスタリスクを付け『*おすすめの記事*』という表示になっています。

これで入力した見出しは除外されました。

目次の表示を確認

実際にページを開いて見出しの確認を行います。

左が設定前、右が設定後です。
先ほど設定した『おすすめの記事』という部分が目次に反映されなくなりました。
これで関連記事を目次から除外する設定は完了です。

この方法で通常の記事の見出しなども除外することができるので、ぜひ試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA