【WordPress】テキスト装飾ができるプラグイン「TinyMCE Advanced」の導入と設定

ワードプレスを使用して記事を作成していると、より見やすい記事を作成する上でテキストの装飾が必要となります。

そんなテキストの装飾にオススメなのが「TinyMCE Advanced」というプラグインです。

この記事では「TinyMCE Advanced」の導入方法と設定方法について解説していきます。




TinyMCE Advancedのインストールと有効化

まず記事エディターの機能を拡張するために、プラグイン「TinyMCE Advanced」をワードプレスに導入していきます。

導入方法

①プラグインの新規追加

ワードプレスの管理画面の左のタブから『プラグイン』を選択し、プラグイン画面に移行します。
このプラグインの画面上部の『新規追加』をクリックし、プラグインを選択する画面に移行します。

②プラグインの検索とインストール

右上の検索窓に「TinyMCE Advanced」と入力し、プラグインを検索します。
検索結果のTinyMCE Advancedのプラグインの『今すぐインストール』のボタンをクリックします。

③プラグインの有効化

インストールが完了したら『有効化』のボタンが表示されるので、これをクリックして有効化します。
これでTinyMCE Advancedのプラグインの導入が完了しました。

TinyMCE Advancedの設定

インストールした「TinyMCE Advanced」を設定していきます。

設定方法

①エディター設定の画面へ移行

ワードプレスの管理画面の『設定』→『TinyMCE Advanced』を選択してエディター設定画面へ移行します。

②ツールバーの設定

ツールバーに入れるボタンを選択していきます。
(操作はドラッグ&ドロップで行うことができます。)

〈変更した部分〉

下線 入力した文字に下線をつける
ことができます。
打ち消し 入力した文字に打ち消し線を
表示することができます。
背景色 文字の背景に色をつけること
ができます。

③設定のチェック項目

エディター設定内にある設定のチェック項目を確認していきます。
チェックを入れるべき場所は『リストスタイルオプション』『フォントサイズ』です。
これで全ての設定が完了したので、『変更を保存』をクリックして設定を保存します。

TinyMCE Advancedの確認

最後にTinyMCE Advancedの設定ができているか確認を行っていきます。
確認は新規投稿の画面を開くことで確認できます。

〈TinyMCE Advanced導入前〉

〈TinyMCE Advanced導入後〉

ツールバーが拡張され様々な装飾ができるようになりました。
ドラッグ&ドロップで追加したボタンもしっかり追加されています。

これでTinyMCE Advancedの導入と設定は完了です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA