【初心者向け】WordPressのローカル環境の構築は「Local by Flywheel」が簡単すぎて神レベル

「ワードプレスでローカル環境が欲しいけど、以前XAMPP・MAMPなどで挫折してしまった。。。もっと簡単な方法はないのかな。」

こういった方向けの内容です。

ローカル環境を簡単に構築するなら「Local by Flywheel」をおすすめします。

Local by Flywheelは、ローカル環境を構築する上で最も簡単なので、初心者でも問題なくできるレベルです。

この記事では、この「Local by Flywheel」のインストールから設定まで、解説していきます。



ローカル環境はあると便利です

ローカル環境とはざっくり言えば「PCの中で構築する、試験用のワードプレス環境」です。

主に下記の変更を行う場合などに使用します。

  • テーマの変更
  • コードの書き換え
  • プラグインの導入

上記のような内容の変更はエラーが出る可能性があるため、本番環境のサイトでいきなり試すと、ユーザーが閲覧できない状態になってしまうことが稀に起こります。
(これって相当焦りますからね...)

こういった対策として、ローカル環境があると便利です。
この環境があることで1度試すことができて、より安全に変更を加えることができるようになります。

ちなみにローカル環境は、自作したテーマを試してみたいという場合にも便利ですね。

ローカル環境を構築する

ローカル環境を簡単に構築するために、「Local by Flywheel」を使ってみましょう。

大まかな手順は下記のとおりです。

  • Local by Flywheelのインストール
  • Local by Flywheelの環境設定
  • 言語設定

上記の流れで、作業を進めていきましょう。

Local by Flywheelのダウンロードとインストール

まずはLocal by Flywheelにアクセスし、インストールを行なっていきます。

手順は下記の「3STEP」です。

  • STEP.1
    ダウンロード

    サイトにアクセスしてダウンロードをクリックします。

  • STEP.2
    情報の入力

    ここで「OSの選択・名前・メールアドレス・電話番号」といった情報を入力して「GET IT NOW!」をクリックします。
    (名前はニックネーム、電話番号は未入力でも大丈夫です。)

  • STEP.3
    インストール

    ダウンロードをしたファイルを開き操作を進めていくと、上記画面が表示されます。
    ここで「LET’S GO!」をクリックすることで、インストールが開始されます。

これでPC内にLocal by Flywheelがインストールされました。
続いて環境の設定です。

Local by Flywheelの環境設定

ここでは実際にローカルの環境を作成していきます。
手順としては下記の「4STEP」で作業を行なっていきます。

  • STEP.1
    サイト名入力

    ローカル環境のサイト名を入力します。
    ここに関しては「test」的な簡易なものでOKです。

  • STEP.2
    バージョン・サーバーの決定

    ここはこだわりがなければ「Preferred」でOK。
    初心者の方だと、サーバーについての知識もないので、そのまま進めましょう。

  • STEP.3
    ログイン設定

    ローカルのワードプレスにログインする時の「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。
    自分しか使わないので、ここは覚えやすい簡単なものでOKです。

  • STEP.4
    ログインを試す

    設定が完了するとローカル環境でのサイトが生成されます。
    「ADMIN」をクリックして1度ログインを試しておきましょう。
    ログインできればOKです。

これでローカル環境でワードプレスを使用できるようになりました。

ログインできない場合は...

ワスワードを忘れたなどでログインできない場合は、左下の「+」マークをクリックして、新しい環境を作り直しましょう。
手順は上記の流れと全く同じです。

新しいワードプレスの環境を作成した後は、古い環境を「右クリック」→「Delete」で削除しておいた方が分かりやすいかと思います。

言語設定(日本語で使えるようにします)

最後に初期状態は英語なので、設定で日本語に切り替えましょう。

「Setting」→「Site Language」の場所を「日本語」に変更するだけです。
これでローカル環境の構築は、すべて完了となります。

便利すぎて神レベルです

ローカル環境の構築において「Local by Flywheel」ほど簡単なものはないでしょう。

XAMPP・MAMP・VCCWと比較しても、唯一「サーバー知識ナシ」で構築可能という部分も魅力的ですよね。

今までローカル環境の構築でつまずいていた方も、これであれば簡単にできるハズなので、この機会にぜひ試してみてください。

人気記事【初心者ブログにおすすめ】ワードプレスの有料テーマ5選+無料テーマ3選

人気記事【初心者向け】ゲームブログを収益化する方法+運営のコツを解説



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA