【WordPress】メニュー(ヘッダー・フッター・スマホ用)を作成して設定する方法

この記事ではワードプレスのテーマ「STINGER」を例に、メニューの作成や設定方法についてお伝えしていきます。




メニューの設定方法

メニューの設定場所

ワードプレスにおけるメニューの作成は、基本「管理画面」から行います。

管理画面の「外観」>「メニュー」を選択し、メニュー画面に移動します。
ここで各メニューの作成や編集を行うことができます。

メニューの作成方法

新しくメニューの作成する場合は「新規メニューを作成」をクリックします。
クリックするとメニュー作成画面が表示されますので、作成するメニューの設定を行います。

①メニュー名を入力(ヘッダーメニューなど)
②入力後「メニューを作成」をクリック

これで新規メニューが作成されます。
次はメニューに入れる項目を設定していきます。

メニューの追加や設定

〈メニューの追加〉

作成したメニューの左側に、メニューを追加できる場所があります。
ここでは「固定ページ・投稿・カスタムリンク・カテゴリー」から好きなものを選択し、メニューに加えることができます。

固定ページ

作成した固定ページをメニューとして追加することができます。
追加したいページにチェックを入れ「メニューに追加」をクリックすることで、追加できます。
プライバシーポリシーやお問い合わせを追加する場合によく使用されます。

投稿ページ

投稿ページをメニューとして追加することができます。
追加方法は固定ページと同じ要領です。

カスタムリンク

リンク名やURLを指定したものをメニューに追加することができます。
「ホーム」などをメニューに加えたい場合は、ホームのURLを入力し文字列を「ホーム」にすることで、メニューにホームを追加できます。

カテゴリー

作成したカテゴリーをメニューに追加することができます。
追加したいページにチェックを入れ「メニューに追加」をクリックすることで、追加できます。

〈メニューの構造の変更〉

メニューの並びや構造を変更したい場合は、「メニュー構造」の中にあるメニューをドラッグアンドドロップすることで変更することができます。

並びを入れ替える場合はメニューをつかみ、移動したい場所へ引っ張るだけで変更されます。
構造的に副項目を設置したい場合は、副項目にしたい項目を主項目の直下に置き右にドラッグアンドドロップすることで副項目に変更されます。

変更後はメニューを保存することを忘れないように気をつけて下さい。

メニューの表示位置の設定

メニューの表示位置を設定します。

ヘッダー・フッター・スマホから表示させてい場所にチェックを入れて「メニューを保存」をクリックすることで設定できます。

3つの項目で表示させたい内容が違うのであれば、1箇所を設定し新しいメニューで別の場所を設定しておくといいです。
最後に例として、今回の設定内容をお伝えします。

STINGERでのメニューの設定例

ヘッダーメニュー

まずはヘッダー部分のメニューの設定です。
ヘッダー部分には4つのカテゴリーを設定し、「WordPress」という部分には副項目を設定して作成しています。

設定内容はこのような感じです。

フッターメニュー

フッターメニューは補助的な部分になるので、ここにはホームをカスタムリンクで設定し、プライバシーポリシーを固定ページから追加しました。

設定内容はこのような感じです。

スマートフォンメニュー

スマートフォンメニューはカテゴリー4つとホームを追加してみました。
ここではメニューが下に広がりすぎないように、副項目は設定しないようにしています。

設定内容はこのような感じです。

このように各メニューを分けることで、表示したい場所に表示したい内容のメニューを設置することができます。
メニューの作成は簡単なので、ぜひ試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA