WordPressにログインできない6つの原因と対処方法

「ワードプレスでのログインが急にできなくなったんだけど、、、解決方法を教えて欲しい」

こういった方向けの内容です。

ワードプレスは様々な要因でログインができなくなることがあります。

そこで今回は、ログインできない場合に試したい6つの方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ログインできない原因

まずはワードプレスにログインできない主な原因となるものを6つ紹介します。

  • ユーザー名パスワード忘れ
  • ログインのURL
  • クッキーの影響
  • プラグインの影響
  • テーマの影響
  • サイトアドレスの変更

上記6つについて、詳しい解決方法をお伝えしていきます。

ユーザー名&パスワード忘れ

「いつもパスワードを記憶させてログインしていたため、忘れてしまった」
などと、久しぶりにユーザー名とパスワードが必要になった場合に起こるケースです。

解決方法:メール

ログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」という項目をクリックすれば、メールアドレスで新しいパスワードを取得することが可能です。

ここからアドレスを入力してメールを送信することで、登録メールアドレスにユーザー名の記載された、パスワードリセットのメールが届きます。

届いたメールから「以下へアクセスしてください。」という部分のURLを開けば、パスワードのリセットが可能です。

ログインのURL

これは「サイトURLを入力してログインをしていたんだけど、ログインのURLを忘れてしまった」という場合に起こるケースです。

解決方法:http://〇〇/wp-login.php

ワードプレスはログイン時にURLにサイトURL+/wp-login.phpと、URLの後に追加することでログイン画面に移動することができます。

ここはサーバーの構造にもよりますが、ワードプレスをインストールした場所が、ドメイン直下でない場合はサイトURL+/wp/wp-login.phpでログインできるはずです。

「http://〇〇/wp-admin」で行なっていた方もほぼこれで解決できるので、ログインできない場合は一度試してみるといいかもです。

Cookie(クッキー)の影響

Cookieはユーザーの閲覧履歴や入力内容を保存しておく仕組みで、これによっていつの間にかログインができなくなってしまうことがあります。

解決方法:クッキーを削除

ここに関しては当然ですが、Cookieを削除してあげることで、この部分の問題は解決します。
Cookieの削除方法はブラウザによっても違いますが、例としてChromeをご紹介しておきます。

ChromeのCookieの削除方法

①:画面右上の「≡」をクリックして「設定」を選択。
②:画面下部にある「詳細設定」をクリック。
③:プライバシーとセキュリティの「閲覧履歴データの削除」をクリック。
④:Cookieと他のサイト データにチェックを入れ「データを削除」。

プラグインが原因の場合

「新しいプラグインを入れた(アップデートした)直後に、ログインできなくなった。」
ということも、プラグインの問題で発生する場合があります。

解決方法:プラグインのフォルダのリネーム

この症状に関しては、FTPソフトもしくはサーバーのFTPから、プラグインのフォルダ名の変更を行うことで解決することができます。

FTPソフトを使用する方はある程度分かるかと思うので、ここでは共通でできるサーバーのFTPでの方法を解説しておきます。

①:サーバーのFTPにログイン
②:対象サイトのファイルを開く
③:ファイルの中にあるwp-contentを開く
④:contentの中にあるpluginsを開く
⑤:pluginsの名称を変更して保存する

pluginsの名称はひとまず、plugins11とかでもOK。
明らかに原因がわかっているプラグインがあれば、pluginsの中にあるプラグインファイルを消すのも手です。

ただしこの中でやりすぎると、エラーの原因になりかねないので、削除に関しては再度ログインして管理画面から行うことをオススメします。

テーマが原因

「新しいテーマに変えたら、ログインができなくなった」
これはお察しの通り、テーマが原因で発生する問題です。

解決方法:テーマをリネーム

ワードプレスでは、テーマをリネームすると「Twenty Fifteen」に自動でテーマ変更します。
これを利用して強制的にテーマを変更してログインする感じですね。

プラグインと同様、FTPソフトもしくはサーバーのFTPから、テーマのフォルダ名の変更を行うことで解決することができます。
ここでも共通でできるサーバーのFTPでの方法を解説しておきます。

①:サーバーのFTPにログイン
②:対象サイトのファイルを開く
③:ファイルの中にあるwp-contentを開く
④:contentの中にあるthemesを開く
⑤:themesの中にある対象テーマを開く
⑤:対象テーマの名称を変更して保存する

プラグインの時と同様、名称は分かる範囲でざっくりでOKです。

テーマでログインできなくなることは極稀ですが、ものによっては起こりえる問題です。
テーマのインストールで安全性を担保するためにも、有名であったり人気が高いテーマから選ぶようにしましょう。

»参考:【初心者ブログにおすすめ】ワードプレスの有料テーマ5選+無料テーマ3選【選ぶコツも紹介します】

サイトアドレスの変更

「ワードプレスの設定を変更したら、ログインができなくなった」
これもわりとありがちな問題です。

「Not Found」もこれが原因で起こったりします。

これは管理画面の設定部分の変更を行なってしまった場合に発生する問題です。
WordPressアドレス(URL)は通常「http://〇〇/wp」となっていますが、誤ってここを「http://〇〇/」に変更してしまうとログインができなくなることがあります。

解決方法:wp-config.phpファイルを書き換える

これに関しては、FTPソフトもしくはサーバーのFTPにアクセスし、wp-config.phpを編集することで解決できます。
ここでも共通でできるサーバーのFTPでの方法で解説しておきます。

①:サーバーのFTPにログイン
②:対象サイトのファイルを開く
③:ファイルの中にあるwp-config.phpを開く
④:wp-config.phpからdefine(‘DB_COLLATE’, ”);を探す
⑤:探した記述の下にdefine( ‘RELOCATE’, true );と記述
⑤:保存する

phpを編集する場合はメモ帳などではなく、しっかりとしたエディターを使うように注意しておきましょう。

これでWordPressのログインできない場合の対処方法は以上です。

WordPressは知識をつけることで、より安心して楽しめるようになります。
なので、問題が発生した場合は漠然と解決するのではなく、構造などを考えながら作業してみるのもいいかもしれませんね。

オススメ【初心者向け】WordPress学習におすすめしたい3冊の本

オススメ【収益化】おすすめのアフィリエイトASP5選【すべて登録でOK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA