WordPressで「改行」や「段落」を入れる方法を解説【できない場合の対処方法も紹介】

「ワードプレスを使ってブログを書いているけど、改行について詳しく知りたい。」

こういった人向けの内容です。

ワードプレスのビジュアルエディタでは「改行」や「段落」を使用することができ、上手く使うことでより読みやすい文章を作成することができます。

そこでこの記事では、「改行と段落」の違いを理解しつつ、使い方まで解説していきます。



WordPressにおける改行と段落の違い

改行と段落の違いについては、基本的な定義こそありますが、ワードプレス上での違いは以下のように理解しておけばとりあえずはOKです。

  • 改行:行間の狭い改行(行を変える)
  • 段落:行間の広い改行(文を区切る)

とはいえ、実際テキストモードで確認すると、<br>(改行)とか<p></p>(段落)のように、コード上のしっかりした違いはあります。

なので、「見出し」なんかを使用する場合は必ず「段落(行間の広い改行)」を使うようにしておきましょう。

ちなみに「改行と段落」の視覚的な違いとしては、以下のようになっています。

ブログ記事における「改行・段落」の目安→読みやすければOK

ブログなどのウェブ記事は、読みやすさが大事です。

スマホで見た場合に一画面に文章がぎっしり詰まっていると、正直読む気が失せますよね。

なので目安としては3文以内に「段落」を使用するのがオススメです。

僕の記事なんかは、ほとんどが1文ごとに段落を入れて、その余白によって読みやすくなるように構成しています。

とはいえ、ここに関しては個人差があるのも事実なので、ひとまずは「自分が文章を読んでみて、リズム良く読みやすいか」を基準としてみるのもありだと思います。

WordPressで「改行・段落」を挿入する方法【画像付きで解説】

ここまでの内容で、改行と段落についてはなんとなく理解できたかと思います。

なので、ここからはワードプレスでの「改行・段落」の挿入方法について、初心者の方のためにも画像付きでお伝えしていきます。

改行を挿入する方法

改行は文章中で「shift+enter」を押すだけでOKです。

  • STEP.1
    カーソルを移動

    改行を入れたい場所をクリックして、カーソルを移動させます。

  • STEP.2
    shift+enter

    shift+enterで改行を行います。

段落を挿入する方法

段落は文章中で「enter」を押すだけでOKです。

  • STEP.1
    カーソルを移動

    段落を入れたい場所をクリックして、カーソルを移動させます。

  • STEP.2
    Enter

    Enterで段落を入れます。

以上が「改行と段落」の入れ方となります。

この方法で改行などを行なったとしても、連続させたりなどすると、時としてできない場合があったりします。

なので最後に、改行が上手くできない場合の対処方法もお伝えしておきます。

改行ができない場合の解決策

改行ができない場合はワードプレス内で自動整形が行われているのが原因とされています。

ざっくり言えば「文章的におかしいと感知したコードを修正する」というイメージです。

賢くて便利な機能ではあります。

ですが、意図しないことが起こると正直困りますよね。

ここに関しては「TinyMCE Advanced」というプラグインを使用することで解決しましょう。

解決策:プラグインで対処する方法

「TinyMCE Advanced」はエディタを便利にするプラグインです。

このプラグインのインストールと設定に関しては過去の記事でも紹介しているので、分からない方は1度そちらも確認してみてください。

»参考:【WordPress】テキスト装飾ができるプラグイン「TinyMCE Advanced」の導入と設定

TinyMCE Advancedを使用した対策は以下の通りです。

  1. 「設定」→「TinyMCE Advanced」をクリック
  2. 「高度なオプション」→「段落タグの保持」にチェック

画像だと以下の場所にチェックを入れて保存するだけですね。

これによって改行が問題なく使えるようになったかと思います。

「改行・段落」を上手くつかいつつ、より読みやすい文章を目指してみてください。

というわけで今回の内容は以上です。

オススメ【初心者向け】ゲームブログを収益化する方法+運営のコツを解説

オススメ【超初心者向け】ワードプレスでのブログの書き方、公開までの流れを解説する



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA